プロ野球Web

各チームの中継情報やチケット情報など、プロ野球に役立つ情報をお届けしています。

ヤンキース田中将大選手の中継をネットで視聴する方法まとめ|生放送をスマホやテレビで視聴できる!

ヤンキース中継 今すぐ視聴できる
田中将大選手が所属するニューヨーク・ヤンキースの試合を生放送(ライブ中継)で視聴する方法を紹介します。

こんな人におすすめの記事です
田中将大選手の活躍を生放送でみたい
試合開始からヒーローインタビューまでノンストップで視聴したい
通勤電車でもスマホやタブレットで視聴したい

ネット中継なら、「見たい!」と思ったときに、今すぐ視聴できます。

スマホ、タブレット、パソコンだけでなくテレビでもOKです。

お試し期間を利用すれば無料でも視聴できます。

スポンサードリンク

ネット中継で視聴

DAZN|コスパ最強!ヤンキースやプロ野球10球団の主催試合を視聴できる


DAZNは、プロ野球やメジャーリーグ、サッカー、バレーボール、テニスなどのスポーツ中継が見放題の動画配信サービスです。

メジャーリーグは、日本人選手が所属するチームを中心とした中継を1日4試合放送しています。私もDAZNを契約していますが、田中将大選手が所属するヤンキースの試合も数多く配信されています。

他にもロサンゼルス・エンゼルス(大谷翔平選手)、シアトル・マリナーズ(イチロー選手)、シカゴ・カブス(ダルビッシュ有選手)、ロサンゼルス・ドジャース(前田健太選手)の試合も視聴できます。

メジャーリーグの放送チームは、日によって異なるので、放送日程はDAZN公式サイトでご覧ください。

また、DAZNは、プロ野球10球団の主催試合、オープン戦をネットで配信しています。

阪神タイガース、読売ジャイアンツ、横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、福岡ソフトバンクホークス、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、埼玉西武ライオンズ、オリックス・バファローズ、東北楽天ゴールデンイーグルス(オープン戦の一部は対象外)

広島、ヤクルトの主催試合以外は網羅した、最強のネット中継です。といっても、他球団の主催試合であれば、広島、ヤクルト戦も視聴できます。

後で紹介するJ SPORTSやスカパー!プロ野球セットよりも月額料金が安く、コスパが抜群にいいのが最大の特徴です。

DAZNなら、メジャーリーグもプロ野球もスマホ、タブレット、パソコン、テレビで視聴可能です。

DAZNのメリット
(1)日本人選手が所属するチームを中心としたメジャーリーグ中継を1日4試合視聴できる
(2)プロ野球10球団の主催試合が視聴できる
(3)スマホ、タブレット、パソコン、テレビで視聴可能

料金

DAZN 月額980円
月額1,750円
※980円はDazn for docomoから登録する特別価格となります。

月額料金だけで、すべての動画が見放題です。

登録方法

DAZN公式サイトより、登録できます。必要事項を入力すれば、すぐに視聴可能です。

解約したくなっても、解約金はかかりません。1か月単位で登録したり、オフシーズンは解約してシーズンが開幕すれば再登録といった利用もできます。

今なら、1ヶ月無料で利用できるお試し期間があります。

CS放送をテレビで視聴する

ネット環境がない方は、CS放送で視聴しましょう。CS放送なら、ブルーレイなどに録画することも可能です。

J SPORTS|田中将大選手の先発全試合を放送


J SPORTSは、プロ野球やメジャーリーグ、サッカー、ラグビー、フィギュアスケートなどのスポーツ中継を視聴できるスポーツ放送局です。

2018年は、ヤンキース田中将大選手の先発全試合を放送予定です。

他にも、大谷翔平選手(エンゼルス)の出場全試合(代打、代走出場試合は除く)や日本人選手先発試合を中心に放送します。

また、J SPORTSは、プロ野球4球団の主催試合、オープン戦をネットで配信しています。

広島東洋カープ、中日ドラゴンズ、オリックス・バファローズ、東北楽天ゴールデンイーグルス

J SPORTSは、J SPORTS1、J SPORTS2、J SPORTS3、J SPORTS4の4つのチャンネルからなり、それぞれ放送しているスポーツが異なります。

J SPORTS1:プロ野球(広島、楽天)
J SPORTS2:プロ野球(中日、楽天)
J SPORTS3:プロ野球(オリックス、楽天)、メジャーリーグ
J SPORTS4:メジャーリーグ

メジャーリーグを視聴したいなら、J SPORTS3とJ SPORTS4を視聴できるようにしなければなりません。

J SPORTSは、スカパー!やケーブルテレビ(J:COM、ひかりTVなど)で視聴できます。スカパー!なら、J SPORTSをお得に視聴できるパックがあるのでおすすめです。

なお、J SPORTSは「J SPORTS オンデマンド」というサービスがあり、一部の試合はパソコン、スマホ、タブレットでも視聴できます。ただし、ラインアップに含まれていないこともあるので、基本はテレビでの視聴になります。

J SPORTSのメリット
(1)ヤンキース田中将大選手の先発全試合を視聴できる
(2)プロ野球4球団の主催試合が視聴できる
(3)ブルーレイなどに録画できる

料金

J SPORTS単体 J SPORTS 1+2+3+4 月額:基本料390円+2,286円
スポーツセレクション J SPORTS 1+2+3+4、スカイA、GAORA 月額:基本料390円+2,700円
プロ野球セット J SPORTS 1+2+3、GAORA SPORTS、スカイA、日テレジータス、FOXスポーツ&エンターテイメント、フジテレビONE、フジテレビTWO、TBSチャンネル1(プロ野球のみ視聴可能)、TBSチャンネル2、日テレNEWS24 月額:基本料390円+3,980円

J SPORTSを単体(4チャンネル)で契約するのが最も安いです。

スポーツセレクションなら、J SPORTS(4チャンネル)に加えて、阪神タイガース、北海道日本ハムファイターズを多く放送しているスカイAとGAORAもセットになっています。

プロ野球セットは、プロ野球12球団全試合視聴できるパックです。ただし、メジャーリーグを放送しているJ SPORTS 4が含まれていないので、メジャーリーグが目当てなら注意しましょう。

登録方法

すべてのパックが、スカパー!公式サイトより、登録できます。申し込み完了後、約30分で視聴可能です。

ただし、スカパー!を視聴するには必ず「110度CS対応デジタルテレビまたはレコーダー + 110度CS対応BSアンテナ」が必要です。

テレビは、近年のものであればほぼ対応しているはずです。リモコンに「CS」ボタンがあるか確認してみましょう。

アンテナは、マンションであれば共有で設置されていることがあります。その場合は、すぐに視聴できます。一戸建ての場合は、アンテナを購入して取り付け工事が必要です。

Webからの申し込みなら、お得なキャンペーンが開催中されていることがあります。

スポンサードリンク

地上波

放映権の関係で、地上波ではメジャーリーグの中継が行われることは、ほとんどありません。

スポーツニュースなどで、ハイライトを見て楽しみましょう。NHK BS1では、ワールドスポーツMLBというMLBを中心としたスポーツ情報番組もあります。

まとめ:ヤンキース田中将大選手の試合をライブ中継で視聴する方法


ヤンキース田中将大選手の活躍をライブ中継で、視聴するには以下の方法があります。

サービス 月額料金 ヤンキース スマホ テレビ
DAZN 月額980円
月額1,750円
※980円はDazn for docomoから登録する特別価格となります。
・ヤンキースを含むメジャーリーグを1日4試合
・広島、ヤクルトを除くプロ野球10球団の主催試合
J SPORTS 月額:基本料390円+2,286円 ・ヤンキース田中将大選手の先発全試合
・プロ野球4球団の主催試合
一部試合可

最もお得に視聴できるのがDAZNです。ヤンキースを含むメジャーリーグを1日4試合、プロ野球10球団の主催試合をスマホやテレビで、申し込み後すぐに視聴できます。

ヤンキース田中将大の先発全試合を視聴したいなら、J SPORTSです。料金はやや高いですが、田中将大選手を見られるチャンスは増えます。

スカパー!で、J SPORTS単体を契約するか、スポーツセレクションがおすすめです。

公開日:2018年4月16日

「いいね!」またはフォローしていただくとプロ野球の最新情報をチェックできます!

にほんブログ村 野球ブログ