プロ野球Web

各チームの中継情報やチケット情報など、プロ野球に役立つ情報をお届けしています。

ハワイのカードショップ「Paula’s Sports Cards」の紹介と買ったカードの開封結果

ハワイのカードショップ
家族旅行でハワイに行ってきました。家族が買い物しているすきを狙って、オアフ島にあるカードショップ「Paula’s Sports Cards」にも行けました。

Paula’s Sports Cardsは、ハワイで人気のワイキキ、アラ・モアナといった観光地からも近く、品ぞろえが豊富。海外のスポーツ系カードが好きな方には、おすすめです。

このページでは、Paula’s Sports Cardsへのアクセス方法や店内、取扱いカード、価格などを紹介します。はじめて行く方は、参考にしてみてください。

それと、MLBのカードを2ボックス買ったので開封結果も紹介します。

スポンサードリンク

Paula’s Sports Cardsの紹介

アクセス

住所:Makiki Shopping Village Second Floor 1231 Wilder Avenue Suite 206 Honolulu, Hawaii 96822

地図を見てもわかる通り、アラ・モアナから近いですよね。アラ・モアナには「アラモアナセンター」という巨大なショッピングモールがあり、ショッピングで行く日本人が多いです。観光ついでにも行きやすい場所にあります。

ただし、ハワイには、電車が走っていないので、近くまでバスかタクシー、レンタカーで行く必要があります。

もちろん、バスを利用するのが最も安いです。

THE BUS

THE BUS 地元の人も利用するオアフ島の公共路線バス。片道ならどこまで乗っても$2.75と安いです。いろいろな路線があり、どこから行くのも便利。Paula’s Sports Cardsへは、4番(307:Wilder Ave + Kewalo Stバス停)、17番(2088:Keeaumoku St + Wilder Aveバス停)、18番(405:Wilder Ave + Keeaumoku Stバス停)から歩いてすぐです。路線図が分からない方はDaBus2アプリ(iPhoneAndroid)を使えばわかりやすいです。

トロリーバス

トロリーバス 旅行会社のツアーで予約している方は、オプションでトロリーバスに乗れます。例えば、JTB(オリオリウォーカー)やH.I.S.(レアレアトロリー)などがあります。旅行会社以外にもJCB(ワイキキ・トロリー)やホテルのトロリーもあります。トロリーでアラモアナセンターまで行って、そこからTHE BUSに乗るか、歩いて20分~30分で行くこともできます。

私は、H.I.S.のレアレアトロリーの乗り放題券を持っていました。そのため、アラモアナセンター近くのウォルマートまで行って、そこから歩いていきました(街を散策したかったので)。

アラモアナセンターもしくはウォルマートから、歩いて20分~30分なので「THE BUSの乗り方がよくわからない」という方は、歩いて行ってもいいかと思います。

ここからは、Paula’s Sports Cardsへ徒歩での行き方を紹介します。

ウォルマート
ウォルマートからスタートします。アラモアナセンターもすぐ近くにあるので、ルートは一緒です。

ウォルマート
ちなみに、ウォルマートでもカードを売ってます。私が行った時は、あいにく在庫がすっからかんでしたが、立ち寄ってみてもいいかと思います。

Keeaumoku St
行き方は、とてもシンプル。ウォルマート沿いのKeeaumoku Stをまっすぐ北上します。

途中でフリーウェイがありますが、橋の上を歩いて渡れます。

フリーウェイ
無事にフリーウェイの上を通過すれば、方角は合ってます。

交差点
Keeaumoku StとWilder Aveの交差点を左折します。ここが唯一の分岐点です。

MAKIKI SHOPPING VILLAGE
Wilder Aveを進むと「MAKIKI SHOPPING VILLAGE」という看板が見えます。

Paula's Sports Cards
その奥のグリーンの建物の階段をのぼります。少し怪しい感じもしますが「Paula’s Sports Cards」の看板も出ているので安心してください。

Paula's Sports Cards
建物の中で、Paula’s Sports Cardsの入り口を見つけたら到着です。ドアの外から、たくさんのカードが見えるので、安心感もありますね。

イモトのWiFi
実際に現地で行動するときは、GPSをオンにして、Googleマップを見ながら進むとわかりやすいです。ただし、日本のデータ通信を海外でそのまま使うと料金がバカ高くなります。

私は、ハワイにいる間、イモトのWiFiを使っていました。日本の空港でレンタルできるのでおすすめです。

店内と取扱いカード

Paula's Sports Cards
撮影許可をもらって、店内の写真を撮りました。壁際にびっしりとカードのボックスが並んでいます。雑多な感じがいいですね。写真にはありませんが、背面にもカードがたくさんあります。これだけ種類があるなら、行く価値はあると思います。

種類は、MLB、NBA、アメフトなどのスポーツ系カードが豊富。マジック:ザ・ギャザリングなどのゲーム系カードもあります。

私は、まだトレカ歴1年ぐらいですが、見たことがない古いカードもあって、楽しかったです。

サッカーやノンスポのカードは、意識してみていなかったのでわからないですが、Paula’s Sports Cards公式サイトinstagramに写真がたくさんのっているので探してみてください。

スタッフ

2人のおじさん、おばさんが仕切ってました。日本語は通じませんが、片言の英語で話すと理解してくれようとがんばってくれます。翻訳アプリがあれば大丈夫です。

気さくに話しかけてくれて、とてもいい人達でした。カードを買うとさらに機嫌がよくなり、写真も撮らせてもらえました笑。

はじめてでも、一人で行っても全然大丈夫です。

価格

カード
為替と商品によりますが、日本と同等ぐらいの感覚でいいと思います。残念ながら、本場だからといって激安ではないです。

支払い総額は、商品代金と税金(州税)になります。

参考までに、私が購入したのは以下です。

・MLB 2018 TOPPS HIGH TEK:約120ドル
・MLB 2018 TOPPS UPDATE SERIES JUMBO:約120ドル
※うる覚えです

日本円で総額27,988円(換算レート/113.7400円)でした。なぜかHIGH TEKが安かったです。

支払いはクレジットカードが利用できます。※たぶんVISAとMastercardは使えます。

スリーブとトップローダー
スリーブとトップローダーを大量にくれました。サービスいいですね。

ジュース
それと「冷蔵庫から好きなドリンクとっていいよ」とのことで、ジュースもくれました。

紙袋
買ったカードは、紙袋に入れてくれます。ハワイでは、日本のような手提げ袋をもらえないお店もあります。ホテルまで、持って帰るのに苦労しました。たくさん買う方は、エコバックやリュックを持って行くことをおすすめします。

営業時間・定休日

曜日によって営業時間が異なるので注意してください。大体、お昼ごろから夕方ごろまでです。定休日もあります。

営業時間・定休日は変更になる可能性もあります。Paula’s Sports Cards公式サイトを見た方が確実だと思います。

開封結果

私がハワイで購入したMLB 2018 TOPPS UPDATE SERIES JUMBOMLB 2018 TOPPS HIGH TEK BASEBALLの開封結果を紹介します。

MLB 2018 TOPPS UPDATE SERIES JUMBO


JUMBOは、メモラビリアカード2枚と直筆サインカード1枚が出るボックスです。

ジョン・レスターのメモラビリアカード
シカゴ・カブスのJon Lester(ジョン・レスター)のAll-Star Stitches。パラレルや1of1もあるみたいですが、こちらはノーマルです。

バスター・ポージーのメモラビリアカード
サンフランシスコ・ジャイアンツのBuster Posey(バスター・ポージー)のMLB Postseason Logo Manufactured Patch。

タイラー・ビーディの直筆サインカード
サンフランシスコ・ジャイアンツのTyler Beede(タイラー・ビーディ)の直筆サインカードでした。2018年にメジャーデビューし、2試合登板しています。まだ25歳なので、活躍すること期待したいです。

インサートカードやレギュラーカードについては、以下ページにまとめています。

MLB 2018 TOPPS HIGH TEK

MLB 2018 TOPPS HIGH TEK
HIGH TEKは、紙ではなく「アセテート」という高級プラスチックでカードが作られているのが特徴です。

Austin Haysのパラレル
ボルチモア・オリオールズのAustin Hays(オースティン・ヘイズ)のパラレルBlue(シリアル:091/150)。

Jordan Montgomeryのパラレル
ニューヨーク・ヤンキースのJordan Montgomery(ジョーダン・モンゴメリー)のパラレルGreen(シリアル:24/99)。

Ozzie Albiesのパラレル
アトランタ・ブレーブスのOzzie Albies(オジー・アルビーズ)のパラレルBlack(シリアル:16/50)。

Paul Blackburnのパラレル
オークランド・アスレチックスのPaul Blackburn(ポール・ブラックバーン)のパラレルOrange(シリアル:02/25)。

Nick Williamsのオート
フィラデルフィア・フィリーズのNick Williams(ニック・ウィリアムズ)のオート。

Nicky Delmonicoのオート
シカゴ・ホワイトソックスのNicky Delmonico(ニッキー・デルモニコ)のオート Green(シリアル:80/99)。

以上の結果です。

スポンサードリンク

まとめ

めちゃくちゃすごい選手のカードは出ませんでしたが、ハワイでカードが買えて楽しかったです。

Paula’s Sports Cardsは、種類が豊富で、価格も良心的。スタッフさんもいい人でした。

ワイキキやアラ・モアナ周辺に行く方は、ぜひ行ってみてください。

野球カードを落札できるオークションまとめ

野球カードは、ヤフオク!メルカリモバオクなどにも出品されています。私も開封で欲しいカードが手に入らないときは、オークションで落札しています。

落札相場がわからないときはオークファンが便利。複数のオークションでの過去の落札価格を参照できます。

公開日:

「いいね!」またはフォローしていただくとプロ野球の最新情報をチェックできます!

にほんブログ村 野球ブログ